Freewheeling Cat

自由気ままの猫のブログ

MENU

FP3級に合格!!1.5ヶ月の勉強方法を記載します。

2016年5月22日に行われたFP技能士検定3級合格しました。

6月29日の10時からインターネットでは合否の発表を確認できたんですが、

仕事だったので12時頃に確認。

 

無事「完全合格」しておりました(笑)↓

 

f:id:yynet01:20160702041939j:plain

 

完全合格だからまさか満点で合格したのかな?

とか勘違いしてしまいましたがそういう意味じゃなかったようです。

 

ちなみに今日ポスト見たらちゃんと合格証書が来てました↓

(画像が横向きにできないのはなんで?)

 

f:id:yynet01:20160702042018j:plain

 

  いやー、ホント受かってて良かったですよ。

試験受けたときは過去問にない問題出てきたから終わったな…って思ってたぐらいですから。。。

 

ちなみにテンスは自己採点の結果どおりでした。

学科試験46/60

実技試験85/100

両方7割取れてたんではれて合格です。

 

4月の頭ぐらいから勉強を始めて、

だいたい「1.5ヶ月」ぐらいの勉強で合格することができました。

 

ネットをみると「10時間で受かる」とか「1週間の勉強で受かった」とかいろいろ書いてありますが、私のスペックではこのような期間でクリアするのは到底無理だったなと痛感してます。

 

もともとFP(お金に関する知識)はまったくなかったですし、

暗記力がめちゃくちゃいいってわけでもないので当然ですが…。

 

一応、最初からFP2級とAFPは目指してたのでしっかり勉強して覚えよう!!って気持ちはありました。

 

なのでゆくり確実に勉強しても1.5カ月で取れるんだ!!

って感覚でみて頂けたらと思います。

 

 

FP3級を受けたわけ

まず、FP3級を受けようと思ったわけですが、、、

「30歳を目前にしてお金に対していろいろ不安になった」っていうのが一番の理由です。

 

保険はもちろんですが、自分の給料明細の「控除」とか「所得税」とかがなんでこの金額なんだろうって疑問になって、知らないこと多すぎだな。

もっと勉強しなくちゃいけないなって思ってしまいました。

 

30歳を前にして遅すぎじゃない?って思われたらそこまでですが、

勉強して少しでも理解できたことはすごく良かったと思っています。

 

 

テキストと問題集をそろえよう

全く知識がないところから始めるのでテキストは絶対に必要です。

ある程度知識がある人は問題集だけで問題ないと思います。

 

私はテキストはコチラ↓を使用しました。 

FP技能士3級 最速合格ブック ’16→’17年版

FP技能士3級 最速合格ブック ’16→’17年版

 

 理由は全ページカラーだったからです。

あと適度に絵が入ってたんで見やすかったですね。

黒とか赤字だけのテキストって見てると眠くなっちゃうし、

何書いてあるかわかんないから苦手です。

 

問題集はコチラ↓ 

FP技能検定3級 精選過去問題集 2016年版

FP技能検定3級 精選過去問題集 2016年版

 

 これはたまたま本屋さんにあったからこれにしたって感じです。

 「一発合格できる」ってもんもんに惹かれちゃいました(笑)

 

勉強方法

1、テキストを一回全部読む(1週間が目安)

なんとなくでいいので一回最初から最後まで目を通してみてください。

こんなことを勉強するんだなってイメージがつきます。

 

2、問題集も一回全部解く(1~2週間が目安)

テキスト読んだら今度は問題集も全部一回解いてみてください。

できなくても全然問題ないです。

こんな問題でんのかぁ~ぐらいの感じです。

 

3、テキストをもう一度読む(1週間が目安)

ここで重要なのは「わかんないとこ」と「重要だなって思った点」に付箋を付けることです。

この時点でテキストと問題集を一通りは目を通しているのでなんとなく重要なところとかわかってくるはずです。

 

4、問題集をもう一度解く(3~5日が目安)

問題集もこれで2週目になります。

ここでは間違った問題にチェックを入れてください。

とくに重要なのは「完全に理解できていなかった問題」にかんしては間違えてなくてもチェックを入れてください。

 

5、過去問を解く(1~2日が目安)

ラストスパートに入っていきます。

直近4~5回の過去問を解きましょう。

過去問は日本FP協会のHPにUPされてます。HPはコチラ(クリックするとHPにとびます)

分からなかったところはテキストで確認しましょう。

 

6、問題集・過去問・ときどきテキスト(テスト前々日まで)

本当のラストスパートです。

あとはひたすら暗記できていないところを覚えるだけ。

問題集はチェックが入っている問題だけやっていきましょう。

回数を重ねるごとにチェックが減っていくし、解く問題も減っていくので時間短縮になります。

 

過去問はもう完全に丸暗記できるぐらいやりこみましょう。

 

何回も間違える問題や、理解できない問題はテキストを開いて確認しましょう。

 

7、時間をはかりながら過去問を解く(テスト前日)

実際にテストの時間と同じ時間で問題を解いておくことが大事です。

時間配分などの目安にしましょう。

 

 

学科と実技

FPの試験には学科と実技がありますが、両方ともマークシートでの解答になります。

 

学科:○×形式 30問、3択問題 30問

実技:三択問題 20門

 

ぶっちゃけ運だけで受かる人もいるかも知れません。

個人的には計算問題がある実技よりも学科の方が難しい感じでした。

 

学科はたまに全然見たことがない問題が出ますが、

実技はほとんどないです。過去問できれば問題なしです。

 

ある程度問題解いてると、単語が出てきただけで正解かわかるような問題もあります。

実技に関しては「6つの係数」「建ぺい率と容積率など、計算の仕方や公式を覚えていれば解ける問題になってます。

 

ちゃんと勉強すればそこまで必死に勉強しなくてもOKかと。

 

勉強時間

私は平日1時間、土日祝は最低2時間は勉強していました。

ほとんど暗記なんで人それぞれだとは思いますが目安にしていただければと思います。

 

 

お役立ちサイト

以下のサイトは過去問の学科部分だけですがスマホで解くことができます。

電車の中で本を広げるのが嫌いな私はかなり使いました。

ゲーム感覚でできるのもとっても良かったです。(スマホでできる=ゲームって解釈です、)サイトはコチラ(サイトにとびます)

 

 

最後

FPの勉強は日常の生活に役立つものばかりだと感じました。

FPの資格は気にしないでいいとして、一般常識として知っておいた方がいいことがたくさんあります。

勉強していて無駄になることはないのでおすすめだと思います。

 

これからFP3級の取得を目指している人は頑張ってください。

何か質問等ございましたらお答えしますのでどんどん聞いてください。

 

読んでくれてありがとうございます。