Freewheeling Cat

自由気ままの猫のブログ

MENU

ITILファンデーションに未経験で知識ないけど合格する方法

無事ITILに合格したのでその方法を公開していきたいと思います。

少しでも多くの人の役に立てば光栄です。 f:id:yynet01:20170830013314j:plain

取得した資格の正式名称は「ITIL foundation」です。

 

 

まず初めに

 

完全に独学です。
誰かに教えてもらったり、講習とかにはいかずに取得しました。

IT関係の仕事についてはいますが、
「ITIL」という資格がどんなものかは全く知らない状況からのスタート。
知識ゼロ、未経験からの勉強ははっきり言ってちょっとしんどかったです。


辛かった原因は完全に「暗記」オンリーだった点と、カタカナが多いので覚えるのが大変だったことです。

私自身のスペックは決して高くないですし、暗記も苦手です。
なので今回のITILの勉強にはかなりの時間を消費してしまった。

これから資格取得を目指している方が最短で合格できるための参考になれば幸いです。

 

使用した教材

勉強の際に使用した教材は以下の3点になります。 

 

 【書籍】 

IT Service Management教科書 ITIL ファンデーション シラバス2011 (EXAMPRESS)

IT Service Management教科書 ITIL ファンデーション シラバス2011 (EXAMPRESS)

 

黄色本って呼ばれている?のものですね。
これはITILをしっかり理解するためには必ず必要ですし、
IT関係の仕事に就いている人は一度は読んだ方がいいかと思います。

仕事の流れとか理解できるし、
プロジェクトリーダーとかを目指している人は特にこの本を読んだ方がいいと感じました。


ですが、「ITILの資格を取得する」という点にフォーカスするとはっきり言って必要ないです。
時間があり、しっかり理解しながら勉強しようと思っている人は買ってもよいと思います。

 

私が不要だと思った点は読むのに時間がかかるからです。
資格取得までに時間がない人にはおすすめできません。

本自体がかなり分厚いし、高いし、さらに「教科書」なので問題が少ない。
時間がない人はこちらは省略してしまってOKです。


【インターネット上の問題集】
Ping-t
CramMedia

上記の2サイトの問題集を使用しました。

 

「Ping-t」はアカウントをつくれば、ITILの問題を無料で学習することができるとても良い教材です。
問題数は300問と多いですが、解説もついているのでわかりやすいです。
また、一度正解した問題は「銀メダル」、2回連続で正解した問題は
「l金メダル」といった具合に理解度も確認できるのがいい点ですね。


一方の「CramMedia」は一カ月6000円で、問題は220問ほどです。
若干お金がかかってしましますが、CramMediaの問題の方が実際の試験の問題に近いです。
というかほぼ一緒です。
Ping-tと違って解説があったりなかったりしますが、CramMediaの的中率はかなり高い。

個人的にはCramMediaとPing-tのを併用しながら勉強するのをお勧めします。

 

実際に行った勉強方法

私が実際にどんな風に勉強したかというと以下になります。

 

1、黄色本を読む

2、Ping-tの問題を一通り解く(全部銀メダルにする)

3、Ping-tの問題をもう一巡解いてみる(全部金メダルにしてはいない)

4、CramMediaの問題を解く

5、CramMediaの問題をひたすら解く

 

黄色本を読むのにだいたい一週間ぐらいかかりました。
仕事終わりの2時間ぐらいを勉強にあてていたのですが、ITILの本は読むだけで根気がいります。
全く勉強したことがなかったというのもありますが、知識ないと本当に一週間かかりました。

教科書を読んだ後にping-tの問題を解き始めて、それで教科書いらなかったなと感じました。
解説は書いてあるし、解説がよく分からない場合はネットで検索すればだいたい理解できます。

実際無料であるping-tだけではかなり不安だったので、CramMediaを購入しました。
有料の方が信頼できるってわけではないのですが、お金を要求するんだからそれなりに自信があるんだろう!!
って感覚です。

 

ITILの受験料って26000円(税抜)もするんですよ・・。
さすがはベンダー資格!!お金取りすぎだろ!!
ってことで6000円払って一回で合格できるなら安いものだ!!って自分に言い聞かせました。

CramMediaの問題集を100%の正答率(完全に暗記しました)にし、
Ping-tはだいたい70~80%ぐらいの正答率でテストに挑みました。


勉強期間は「1.5ヶ月」、時間はだいたい「60~70時間」ほどかかっています。

そして結果はというと

 

みごとに一発「合格」できました。

 

成績は100%中「97%」ということでしたのでたぶん1問間違えてしまったようですが、
合格できたのでよかったです。

 

最短合格への勉強方法

未経験で知識がない人が合格するには以下の方法が最適だと感じました。
これはあくまでも私の実体験に基づいた結果です。

 

【一番おすすめな方法】
・Ping-tとCramMediaの併用です。
まずPing-tの問題を全部金メダルにします。
この時に理解できなかった問題は解説を読み、それでもわからなかったらネットで検索してください。
Ping-tの問題が完了したらCramMediaの問題に移ります。
CramMediaの問題が90%以上、Ping-tの問題が80%ぐらいの正答率なら問題なく資格取得できるはずです。

 

一日2時間程度の勉強で1ヶ月もかからないで合格できるはずです。
余裕がある人は黄色本を読んでもいいかもしれません。


【とにかく最短で合格したい人】
もうCramMediaの一択です。
CramMediaだけを完全に回答率100%にしてしまえばOK。

ただ、資格は取れるかと思いますが、知識としては薄いものになってしまします。
分からない問題は調べる等すれば話は変わってきますが、時間がない人は調べる時間ももったいないと思いますので。

こちらの方法であれば一週間で資格取得も可能かと私は感じています。


【とにかくお金をかけたくない人】
Ping-t一択です。

こちらは相当時間がかかると思います。
問題はもちろんですがITILの内容も完全に理解しながら進めないといけないので。
Ping-tとCramMediaを比べるどうしてもCramMediaに近い問題が多く出たイメージです。
私はPing-tだけで勉強していたら合格点ギリギリの65%ぐらいだったと感じています。

 

まとめ

どうだったでしょうか。ちょっとは役に立ったでしょうか。
ITILに関しては本当に暗記オンリーなので、どれだけ多くの問題を解いたかという点が資格取得への最短経路になります。

 

私が紹介させて頂いた勉強方法が会う人、会わない人がいつかとは思いますが、
未経験で知識がなくても合格できるんだ!!ってことだけでも伝われば幸いです。

 

試験を受けるだけで高額のお金がかかってしまうベンダー資格ではありますが、
資格を持っているか持っていないかの差はかなり大きいと思います。
是非一発合格を目指して勉強を頑張ってください。

閲覧ありがとうございました。